バンクイック

バンクイックを始め、貸付サービスには本当に助けられています!

私はコンサルティング会社に以前勤めており、30歳を目前にして独立しました。周囲からは大丈夫かと言われたこともありましたが、おかげさまで開業して8年ほどが経過しています。これまでにお付き合いがあった方、新たにお付き合いを開始できる方、たくさんの方達に支えられ、お仕事をさせていただいております。

最近は独立したての頃の頼りない雰囲気も抜けてきたのか、自分で開業して仕事をしていると言うともてはやされることが多いのですが、私自身、今でもそこまでの人物になっているとは到底思えません。目上の方がクライアント様になることも多いのですが、そういうとき、けっこう気後れしている部分もあるのです。内心、必死で自分を鼓舞していたりするんですよ(笑)。

でも自分で自分を励ますばかりでは限界があるのか、たまにきちんと対応しきれずにクライアント様から今一つ信頼いただけないこともあります。これは大いなる反省点ですね。

そこで、あるときから形だけでも一流になろうと、身だしなみには一層気を使うようになりました。清潔感があるのはもちろんのこと、クライアント様に信頼いただけるだけの服装を心がけるべく、しっかりした一流のスーツで身を固めるようになったのです。これだけでもだいぶ違いました。心が折れそうなとき、ふとガラスなどに映った自分の姿を見て、気持ちが奮い立つことが何度もありました。服装に助けられるということもあるのだと勉強になりましたよ。

それ以来、スーツは常によいものを身に着けるようにしていますが、自分の仕事に必要と思うものを揃えるようにしていると、どうしても費用はかかるようになりました。もちろんこれも必要経費と割り切っていますが、自分のポケットマネーが枯渇してしまうこともありました。

それ自体はなんら問題ないものの、そういうときにまた新しくスーツを新調したいと思うことがあると、さすがにちょっと困りました。これはすでに自分の願掛けのようにもなっていますから、おざなりにしたくありません。ですが無い袖は振れません。思うように身動きが取れず、歯がゆい思いをしていました。

そのとき、借入でスーツを新調すればよいのだと思い当たりました。これまでにも何度か、資金を借入して事業を回した経験がありましたので、それを個人的にやればいいのだと。事業関係のお金ならすぐ借入しようと思うのに、個人レベルの話になるとそれがすぐ思いつかなかったのは我ながら苦笑いでしたね(笑)。

そこで、個人的にちょっとお金が借りられる場所を探しました。友人からバンクイックを始め、何か所か借入先を教えてもらいました。友人はバンクイックを推しており、確かに魅力的なサービスだなと私も思いましたが、利用したのは別の場所です。体は一つしかないため、一つしか選べませんでしたが、どこの業者様も便利なサービスを提供しておられるなという印象がありました。

私は一応自営業になりますので、審査を通過できるかどうか心配がなかったわけではないのですが、無事に通過することができ、すぐにお金を借りられる状態になりました。これまでは欲しいスーツの中で、多少予算に折り合いをつけて品を選ぶこともあったのですが、借入を利用して以降、自分が心から欲しいと思うスーツを選べるようになりました。新調したスーツに身を包むと自信があふれてきて、ビジネスもおもしろいようにうまくいきます。おかげさまで、返済が滞ったことも一度もありません。

自営業は自分の実力がすべての厳しい世界です。私はこの願掛けによって自信を高めていましたから、これまで以上にバリバリ仕事ができるようになりました。クライアント様たちからもますます信頼いただけるようになっています。借入には本当に助けられたと感じています。

借金の本審査ってどういうことするの?

借金を申し込んだ際には審査を受けますが、その審査には仮審査と本審査があります。最近は審査が簡略化されてきて仮審査と本審査が一本化されているところもあるのですが、やはり審査を行うときには、仮審査と本審査があるのは基本です。仮審査、本審査とはどういうことをするのでしょうか。

仮審査と本審査の大きな違いは、審査を行うのが機械か人かという部分です。仮審査を行うのは機械、というのが多くなっているんです。というのも、仮審査は申し込み時の記載情報を、それぞれの借金先の基準と照合して機械的に可・不可を判定します。もちろん、人が仮審査を行う場合もありますが、その場合も判断基準と照合して機械的な作業を行うことがほとんどですね。明らかにダメなのかどうかを判断するのが仮審査です。

では本審査はどうでしょうか。本審査は仮審査と違って、人による審査となります。申し込み情報が確かなのか、個人信用情報の登録内容に問題がないかということを確認して、最終判断を行うのです。申込者にいくら貸すか、という判断を行うのもこの本審査です。記載された勤務先が本当かどうか勤務先に電話をして確認する在籍確認も行いますし、個人信用情報の登録があれば、今までの借り入れで遅延や債務整理を行ったことがあるかどうかについても確認します。ここで問題があると判断されれば、仮審査は通過していても本審査で落とされてしまう、ということも十分にありえるのです。

仮審査とは違い、本審査は本当にその人にお金を貸しても大丈夫かどうかの決断を下さなければなりません。責任が大きいのです。ですから、仮審査は通ったのにどうして本審査が通らないか、と思う人もいると思いますが、本審査では仮審査では確認しない細かい点を確認しているのですから、そこは理解しておきましょう。

バンクイックを申し込みで保証会社の保証が必要!?

バンクイックを申し込むと、申し込み条件に「保証会社の保証を受けることが出来る」というものがあります。バンクイックを取り扱っている三菱東京UFJ銀行の審査を受けるのは分かるのですが、どうして保証会社の保証を受けなければいけないのでしょうか。

実は、バンクイックを利用して返済が滞ってしまった場合、その回収業務を行うのは三菱東京UFJ銀行ではなく、保証会社であるアコムなんです。アコムは三菱東京UFJ銀行のグループ会社になっていて、もしバンクイックで延滞者が出た場合は、その債務をアコムが代わりに返済して、延滞者への取り立てをアコムが行う、という業務分担になっているんですね。アコムは消費者金融の中でも大手ですから、個人への借金回収ということに対するノウハウは確かです。銀行はそこのノウハウがどうしても劣ってきますから、アコムと協力することで補っているんですね。

三菱東京UFJ銀行ではなく、アコムが債権を持つ可能性がある以上、アコムの保証を受けることが出来るということはバンクイックの申し込みを行う上での必須条件となるんです。保証会社がアコムとなっていますから、もしアコムを利用したことが合って滞納経験がある、という場合は、アコムの保証が受けられないことがありますから、バンクイックを利用することも出来なくなってしまいます。

保証会社の保証を受ける必要があると言っても、特に問題がなければ何も心配することはありません。ただし、返済が滞った時には保証会社であるアコムから督促の郵便物が届いたり電話連絡がきたりします。家族に内緒でバンクイックを利用していたとしても、アコムからの督促が始まれば家族にばれてしまいますから、返済には十分気をつけるようにしましょう。

バンクイックの申し込み、保険証って必ず必要?

身分を証明する書類に健康保険証があります。健康保険証は氏名や生年月日、保険組合などの情報が載っていますから、その人物を確認する書類として有用なものです。基本的に身分証明書の提出を求められた場合、健康保険証を提出しておけば問題ないことが多いですね。

中には運転免許証と健康保険証の両方の提出を求めてくるところもありますから、健康保険証がいかに重要なものかというのが分かると思います。バンクイックの申し込みをするときにも身分証明書が必要になりますが、健康保険証の提出は必ず必要なのでしょうか。

バンクイックを申し込むときに必要なものは、本人を確認できる書類のみです。そしてその身分証明書は、運転免許証、健康保険証、パスポートなど、となっていますから、必ずしも健康保険証が必要というわけではないんですね。

ただ、もし利用限度額で100万円を超える金額を希望するという場合は、収入証明書の提出が必要となります。収入証明書は、源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書、確定申告書から1点を準備する必要があります。源泉徴収票は手元になければ会社で担当部署に依頼しなければいけませんから、バンクイックを申し込むときに手元にあるように事前の用意が必要ですね。

健康保険証はそれ1枚で身元を証明できるものですから、日ごろからしっかりと管理をして紛失しないように気をつけるようにしましょう。もし、紛失した際は、速やかに紛失の連絡・再発行依頼をするようにしてくださいね。

バンクイックは返済方法が選べます!

バンクイックを利用すると、カードを使って借り入れと返済を行うことが出来ます。借り入れはもちろんATMからお金を下ろすことになるのですが、返済方法を選ぶことは出来るのでしょうか。

返済方法はもちろんATMから振り込むという方法もありますが、口座からの引き落としを選ぶことも出来ます。口座からの引き落としは、毎月の自動引き落としになりますから、自分で振り込みに行く手間がなくて便利ですよね。自動で引き落とされるわけですから、返済期日をうっかり忘れてしまうということもありませんし、金額を間違えた!なんてこともありません。

ただ、口座にお金がないことに気付かずに引き落とされない、なんてことがあっては困りますから、口座の残高については把握しておく必要があります。また、口座引き落としはどの口座からでもOKということではなく、三菱東京UFJ銀行の口座からの引き落としになります。口座を持っていない場合は開設しておくと良いでしょう。

ATMからの返済は、毎月決まった日に振り込むという方法もありますが、実はもう1つ35日サイクルによる返済というものを選ぶことも出来ます。これは、利用した日から数えて35日のサイクルで返済していくというもので、毎月何日と日が決まっていないのが特徴です。毎月の指定日返済よりも間隔がありますから、お金を用意する時間が出来ますよね。

ただ、この35日サイクルの返済方法はどうしても返済日が分かりづらく忘れがち、間違ってしまいがちになってしまうというデメリットがあります。このデメリットを克服するためにも、バンクイックの返済日お知らせメールサービスを利用するようにしましょう。返済日前に通知が来ますから、うっかり忘れを防ぐことが出来ますよ。

借金するときの分割払い、注意点ってある?

借金をするときには一括で返済出来れば良いのでしょうが、なかなかそうはいきません。多くの人が分割払いを選択することになると思います。この分割払い、何か注意しなければいけない点というものはあるのでしょうか。

借金の返済で分割払いをするときに気をつけなければいけないのは、日に日に利息がかかっていくという点です。分割払いは毎月の返済金額が少なくて済む、負担が少なくて済むというメリットがありますが、その分完済までに時間がかかってしまうというデメリットもあります。完済までの日が長くなればなるほど利息が膨らんでいきますから、最終的な支払総額が大きくなってしまうんですね。

ですから、借金をするときには、もちろん分割払いでも良いのですが、効率よく返済するようなスケジュールを立てて、出来るだけ早く完済を目指すことが重要となってくるのです。

余裕のあるスケジュールで返済していて、少し多めに返済できるなという時にはぜひ繰り上げ返済をするようにしてください。繰り上げ返済をするには、特に借金先への連絡は必要なく、通常の返済金額よりも多めの金額を返済することで自動的に繰り上げ返済分として扱ってもらえます。繰り上げ返済をすると、その分返済残高が減って返済期間が短くなってきますから利息を抑えることが出来るのです。

分割払いは毎月の出費を抑える、生活を守ると言ったメリットがありますが、そのメリットに甘えすぎていると完済までに高額な利息を支払うことがあります。そうならないためにも、完済までのスケジュールをしっかりと立てて、計画的な返済をしていきたいですね。

お金を借りる時の必要書類、準備が大変なものってある?

何か申し込みをするとき、申請するときに提出しなければいけないのが、それぞれの手続きで使用する必要書類です。お金を借りるときだってもちろん申し込みに必要な書類というものはあります。この書類、準備が大変だとすぐに申し込めなくて少し面倒ですよね。お金を借りるときの必要書類で、準備が大変なものというのはあるのでしょうか。

お金を借りる時の必要書類は、個人で借りる場合と事業主として借りる場合で異なります。個人で借りる場合は身分証明書のみで借りることが出来る場合が多いですね。そして、金額が大きくなった時には、収入を証明する書類を提出することもあります。収入を証明する書類は、給与明細書でも良い場合がありますから、特に準備が大変というものではないと思いますが、源泉徴収票の提出を求められる場合は、会社に申請して準備する必要がありますから多少時間がかかるかもしれません。

個人事業主が事業用途で申し込んだ場合は、少し必要書類が増えます。経営状態を証明する確定申告書の提出が求められますし、事業を行っていることを証明するための請求書や発注書などの提出も必要になる場合もあります。確定申告書などの決算書類は、お金を借りる先で求められる書類が異なりますから、あらかじめしっかり確認しておくことが重要です。決算書類の種類によっては準備に時間がかかるもの、大変なものもあるでしょうから、お金を借りる時にあわてないよう、余裕を持って申し込みに備えておきたいですね。

派遣社員は借金するとき不利なの?

職業によって、職種によってその人の収入や福利厚生などは異なっていますよね。同じ職業・職種だったとしても会社によっても異なりますし、同じ会社だったとしても正社員と契約社員、派遣社員とでは収入や待遇は異なります。借金を申し込む場合、正社員であれば何も気にすること、心配することは無いような気がしますが、非正規雇用である派遣社員の場合、やはり審査で不利になることがあるのでしょうか。

派遣社員よりも正社員であることの方が、審査に有利というのは間違いありません。その理由は、安定した収入を得ることが出来るためです。派遣社員であればいつ派遣先との契約が打ち切りになるか分かりませんが、正社員は基本的に定年までの雇用が保障されていますよね。先の見通しが立つという意味で正社員は派遣社員と比べたときに、どうしても有利になってしまうんですね。

ただ、派遣社員だからと言って極端に不利かというとそうではありません。派遣社員であっても、毎月安定した収入があるという事ですから、普通に申し込めますし特に問題がなければ審査に通ることも出来ます。正社員と派遣社員で差が出るとしたら限度額だと思われます。

限度額は、この人にはこの金額まで化して大丈夫だろうと借金先が判断するものです。その人の状況に応じて変動しますが、他の条件が全く同じで正社員と派遣社員という違いだけがあるということであれば、この限度額は正社員がどうしても高くなってしまう傾向が強いですね。収入への信頼度ですから仕方ありません。ただ、利用と返済を重ねていく上で少しずつ信頼を積み重ねていくことで、限度額を上げていけますから、いずれ正社員との差を埋めることも可能となるのです。

借金の申し込み、年収をごまかしたらばれる?

借金を申し込むときにはいろいろな情報を記入しなければいけません。年収も記入することになりますが、やはり年収が高い方が審査に通りやすいんじゃ…と思うのではないでしょうか?そこでちょっと年収を高めに記入してしまいたくなる気持ちも分からなくはありませんが、もし年収をごまかしてしまった場合、そのことがばれてしまうのでしょうか。

年収も含めて、記入した情報によって審査が行われます。年収だけではなく、勤務先や勤続年数、そして過去や現在の借り入れ状況なども含めて審査が行われます。そして、審査を通過した後に必要書類の提出が行われ、契約する、という流れになることがほとんどです。この必要書類は身分証明書だけであることがほとんどですが、希望する借金の金額が大きくなれば収入証明書を提出しなければいけないことがあります。この収入証明書は源泉徴収票や給与明細書を提出することになりますから、もし年収をごまかしていた場合はここでばれてしまうのです。

もし年収をごまかしていたことがばれてしまったら、信用できないということで契約できなくなってしまいます。年収を証明するための証明書が必要になる金額は50万円以上を希望する場合、100万円以上を希望する場合、と借金先によって異なりますが、そこまで大きな金額ではありませんから収入証明書を提出しなければいけない人も少なくはありません。ちょっと見栄を張った、不安をごまかそうとしたことで借金できなくなっては残念ですから、やはり申し込む際の情報は正確なものを記入するようにしなければいけませんね。

借金の任意整理ってどういう手続きが必要なの?

借金の返済が厳しくなった時の選択肢として、債務整理を行うという方法があります。債務整理=自己破産!っていうイメージがあると思うんですが、債務整理にはいろいろと種類があるんです。任意整理もその中の1つですね。任意整理というのはどのようなものなのでしょうか。

任意整理は、債務整理の中の1つですが、資産を失ったりするようなことはない方法です。もちろん、家を手放すようなこともありません。自己破産であれば裁判所を通して手続きをする必要がありますが、任意整理は借金先に借金の金額を減額してもらうよう交渉するというものなので、契約者と借金先での話し合いで進めることが出来るんです。つまり、自己破産など他の債務整理のように煩雑な手続きは発生しないのです。

ただ、この話し合いに応じるかどうか、要求を受け入れるかどうかについては借金先によります。あくまでも「任意」のものですからね。素人が借金先と交渉するというのはなかなか大変ですから、多くの人が弁護士などの専門家に依頼して交渉に臨むようです。

任意整理で交渉を進めていくと、最終的に3年間で返済できるだけの金額まで減額されることになります。利息制限法に基づく利息の再計算をして、支払いすぎている分を返済に回すことになります。そして、手続き後の利息は免除になりますから、当初よりも支払総額が減ることになるのです。

ただ、任意整理をするとブラックリスト入りしてしまうので5年間は新しい借り入れが出来なくなってしまいます。クレジットカードを作ることも難しくなりますから、そのことは覚悟しなければいけません。任意整理は債務整理の中では、最も面倒な手続きがないものになりますから、もし債務整理を検討するのであれば、まずは任に整理から考えてみるのが良いと思いますよ。

バンクイックの入金方法ってどういう方法がある?

バンクイックはカードローンですから利用したら必ず返済しなければいけませんよね。利用するときには三菱東京UFJ銀行のATM、または提携のコンビニATMを利用するのですが、バンクイックの返済、入金方法にはどのような方法があるのでしょうか。

バンクイックの返済方法は2つあります。1つ目は指定日の口座自動引き落とし、2つ目はATMへ入金して返済する方法です。口座自動引き落としは、返済日を忘れる心配がなく、返済金額も間違える心配がありませんが、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件となっています。また口座引き落としにするためには別途手続きが必要になりますから、その手続きを終えるまではATMへの入金によって返済しなければいけません。

ATMへの入金による返済は、更に2つの返済方法を選ぶことになります。1つ目は指定日までにATMに入金する指定日返済です。この指定日の2週間前から指定日までにATMに入金することで返済していきます。この期間以外に入金をした場合、その月の返済と認められずに臨時返済・繰り越し返済という扱いになってしまいますから注意が必要です。

2つ目は借り入れから35日以内に初回入金をして、2回目以降はその入金から35日以内に入金をする、という35日サイクルでの返済です。35日サイクルは返済日が一定ではありませんから忘れてしまいがちかもしれませんが、1か月の返済より少し日数があるので余裕をもった返済をすることができます。年間で見たときも、毎月の返済であれば12回返済がありますが、35日サイクルだと10.4回の返済で済むことになるんです。

でも返済日とか返済金額を忘れてしまいそうで心配という人もいますよね。そういう人も安心してください。バンクイックは返済日や返済金額について事前にメールで連絡してくれるサービスを行っているんです。事前に連絡が来るので、忘れる心配も少なくて済むんです。